大阪IHに参加してきました。男子4×100mR、男子200mで準決勝進出しました。

2016/06/02

★試合結果 ◎大阪IH              5/27、28、29(金土日)

於:ヤンマーフィールド長居

男子100m (2年)岩崎義起 11″20(+0.1) ◎自己ベスト
(2年)巴山雄介 11″24(+0.4) ◎自己ベスト
男子200m (2年)岩崎義起 予22″49(+0.2) ◎自己ベスト

予選通過

準22″49(+0.2) ○自己ベストタイ
(3年)三宅結大 予22″56(-0.2) 予選通過
準 棄権
(2年)巴山雄介 23″03(+0.3)
男子1500m (2年)植田 光 4′13″79 ◎自己ベスト
男子5000m (2年)植田 光 16′00″11 ◎自己ベスト
男子やり投げ (3年)青木秀憲 35m80
男子三段跳び (2年)西園寺健介 12m85(ー0.4)
男子4×100mR 岩﨑 日高

巴山 三宅

予 42″46 予選通過
岩﨑 日高

巴山 三宅

準 42″11 ☆商大記録☆

準決勝全体9位

男子4×400mR 岩﨑 上田

三瀬 熊本

3′33″57
女子走り幅跳び (3年)笹井加奈 5m14(+1.0)
女子4×100mR 石塚 佐藤

笹井 上田

53″06

◎ 1年間この大阪IHのために練習をしてきました。昨年度は3000mSCで近畿大会出場権を獲得することができました。今年度は戦前の期待を集めたのは男子4×100mRでした。メンバーは変更要員等存在しないギリギリの4人。バトンも毎回どこかでミスをする等いつも見ている側をひやひやさせる男子リレー。そんな中予選では組でダントツのトップ。またバトンにもかなりの余裕があったので、準決勝では攻めたバトンをすることでミーティングを行い臨みました。結果は決勝進出まであと一歩届かない準決勝全体9位でしたが、商大記録となる42″11を記録したことや、大阪の激戦区でここまで戦えたことに記録以上の価値を得たような気がします。

2日目からの個人種目で近畿の切符を期待しましたが、3年生三宅君を中心にリレーを走ったものは身体が悲鳴をあげ、なんとか走り切ったという状態で個人種目を終えました。2年生岩崎君はそんな中個人の200mで準決勝進出、またマイルリレーも走るなど奮闘してくれました。来年度の大阪IHにもむけても明るい材料がでてきたのではないでしょうか。

少しの充電期間を経て、次の大阪総体にむけて新体制で臨みたいと思います。

 

○ 次回試合は6月5日(日)服部緑地公園陸上競技場にて「東大阪6月記録会」に参加します。

 

巴山200m 男子リレー予選 石塚佐藤 植田1500m 三段西園寺 笹井幅跳び 笹井上田 佐藤笹井 岩﨑200m予選 岩﨑200m準決 リレー準決巴山 リレー準決日高 リレー準決三宅 リレー準決岩崎 マイル上田 マイル三瀬 マイル熊本 マイル岩崎 5000m植田 100m巴山 100m岩崎